リンパの腫れは後天性免疫不全症候群とジスロマック

マクロライド系抗生物質として多くの細菌感染治療で活躍するようになっているのがジスロマックです。多くの適応菌種があり、殺菌力にも優れていることから他の抗生物質にも優先して処方する医師も多くなっています。ジスロマックが活躍している領域に性病治療があります。淋病や性器クラミジアの治療において著効を発揮することが知られているため、これらの原因となる淋菌やクラミジアに対する感染が認められた場合にはジスロマックが処方されるというのが典型的な治療の流れになっています。性病の恐ろしい点の一つとしてあげられるのが複合感染をしていることが多いということです。一つの性病に対する感染が他の性病への感染リスクを高めることがしばしばあるため、いくつもの感染症のキャリアとなってしまっている人が少なくありません。そういった人と性行為を行うことで複合感染を起こしてしまいやすいのです。複合感染を起こしてしまいやすい性病として認識が高まってきているのが後天性免疫不全症候群であり、ヒト免疫不全ウイルスへの感染が原因となります。後天性免疫不全症候群は長い潜伏期間があることから、検査を行わなければなかなか発見することができません。感染初期の症状に気づかずに無症状期に入ってしまうと長い潜伏期間を経て免疫系が破壊されていき、後天性免疫不全症候群の重篤な症状に悩まされることになりがちです。初期症状として発熱とリンパ節の腫れが特徴として理解しておく必要があります。特にリンパ節の腫れは長続きしやすいことから最も注目すべき点です。リンパ節の腫れを除けばインフルエンザに似た症状であるということも症状を記憶するのに役立つ捉え方でしょう。