通販サイトで薬を買う際の薬事法

2014年6月12日から改正薬事法が施行されたので、薬をネットで買うことが出来るようになりました。
サプリメントや整腸薬など処方箋の必要のない薬は認められていましたが、一般用医薬品の販売にもその枠が広げられました。
薬は第一類医薬品、第二類医薬品と第三類医薬品とに分かれています。
改正薬事法が施行される前に通販サイトで薬を買うことを認められていたのは、第三類医薬品だけでした。
しかし施行されてからは第一類、第二類共に認められることになりました。
しかし、他にもまだネットで買うことが出来ない薬はあります。
また、この薬事法が改正されたことにより要指導医薬品に決められた薬や医薬品があります。
これに決められた医薬品は、薬局などで薬剤師を通して購入する対面販売が義務付けられるようになりました。
ネットで薬が購入できることによって、人の目が気になる医薬品も購入しやすくなりました。
また仕事でドラッグストアや薬局が開いている時間に訪れることが出来ない人などは、ネットで注文しておけば夜でも宅配してくれるのでとても便利です。
ただ、ネットで薬を買うことができて便利な半面、偽業者なども増えています。
ダマされないためには信用できる店かどうか正規店かどうかなどを見分けなければいけません。