不妊の原因となるクラミジア感染症をジスロマックで完治

クラミジア感染症は不妊の原因になる可能性があります。クラミジア感染症は若い人を中心に感染者が拡大しており、女性の性感染症の半分を占めるともいわれます。性行為によって感染しますが、最近はオーラルセックスによって咽喉に感染することもあいrます。クラミジアに感染しても特に症状が出ないことが厄介で、女性の場合は特におりものが増える程度で重大な病気とは予想しない人が多いです。男性も違和感があるなど軽いもので、女性の80%、男性の50%は自覚症状がありません。感染しているかの検査では、クラミジア菌がどこで繁殖しているかを調べる抗原検査と、クラミジアを保有しているかの抗体検査があります。女性は子宮頚管を綿棒でこすって採取し、男性は最初の尿を検査します。クラミジア感染症自体は命に関わる病気ではありません。しかし女性は感染すると子宮頚管から卵管まで菌が移動して炎症を起こします。炎症の後は臓器や組織同士が癒着を始め、卵管の周囲まで癒着が広がります。すると卵管が変形したり塞がったりして、卵管采が機能しなくなるので、排卵後に卵子を取り込めず不妊へとつながります。女性の不妊の原因として最も多いのが、卵管に異常があるケースです。そのうち8割がクラミジアが原因とされるので、感染したまま放置すると、不妊になるリスクが高まります。一方男性でも多くはありませんが、クラミジアによって輸精管が閉塞して無精子症になれば、不妊は免れません。よって男女ともにクラミジア感染症の治療が重要です。クラミジア菌を殺すのに最も適しているのが、ジスロマックです。ジスロマックはマクロライド系の抗生物質です。ジスロマックを正しく1日服用すれば、1週間後に完治しています。